読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
欲しい時に、欲しい機能を追求して開発した新しいスポーツサプリメント
限られた時間で最高のパフォーマンスを出してほしい、スポーツを愛する全ての人へ ATHLETUNE(アスリチューン)は3種類のゼリー飲料。

【アスリチューン広報宣伝局NEWS】局員将醐の宣伝活動報告(2017.4.9チャレンジサイクルロードレース)

4月9日は日本サイクルスポーツセンターCSC)で開催された「チャレンジサイクルロードレース」に参加してきました。

1971年から開催されている由緒ある自転車レース。歴代の優勝者はサイトにもプログラムにも名前とチーム名が刻まれます。ここはきっちり「宣伝局員」としての仕事を果たして頂きたい!

歴代WINNER – チャレンジサイクルロードレース大会

朝は5時に自宅を出発。出走前の検車は10:45からなので十分どころか早すぎる到着だが、試走時間が限られているため(このときは試走するつもりでいた)に早めに行動する。

が、小学生のコースはスタンド前の直線部の往復と知る。路面の感じを知っておく必要はあるが迷うレイアウトではない。うーん、無駄な早起き。まあ、余裕が無くてバタバタするよりは良いかなというところで。

いよいよスタートラインへ

今回の出走は11:30なので11時頃にポケットエナジー注入。今回もお友達がたくさんいたものの、ポケットエナジーを口にした後はなぜか口数が少なくなる。

f:id:athletune:20170410135649j:plain

15分前にはスタート付近に移動。既に前のカテゴリーのレースが終了しているので、周回コースで軽く足を回す。ギアやブレーキなど、動きに異常がないかを確認しながら走るようにアドバイスするも、「大丈夫」と返答が帰って来る(この時は…)。

f:id:athletune:20170410135438j:plain

初めてのメカトラ。レースの行方は?

今回のエントリーは7名。そしてスタートラインに並んだ人数も7名。名前と顔を知っている選手は1名のみ。他の選手の実力は全く分かりません。

f:id:athletune:20170410140350j:plain

コースは、若干斜度のある直線をRが小さく幅の狭いコーナーでつないだ約500mのオーバルレイアウト。注意点として
・登りの直線で適切なギヤを選んで踏むこと
・下りの直線の後のコーナーはしっかり速度を落とすこと
・コーナーでペダルヒットさせないこと
この3点をアドバイス

ありがたいことにこの時間は雨も上がり、路面も少し乾いてきていてブレーキが効きにくいという感じでもない状況。係員の方の注意点を聞いていよいよスタート。

f:id:athletune:20170410141350j:plain

最初のコーナーを抜けてすぐにローリング解除。前に人がいない良い位置でリアルスタートを迎える。
500mのオーバルコースを4周。さあ、思う存分行ってくれ!

f:id:athletune:20170410141819j:plain

あれ…?さあ、思う存分行ってくれ!

f:id:athletune:20170410142127j:plain

…さあ、思う存分(ry)…どうした?ペース遅いぞ?

f:id:athletune:20170410142250j:plain

(将)「ギヤが変わんない!」
(父)「…Σ(゚ ̄ロ ̄lll)ガーン」
(将)↓ (「ヤバい…」という顔はこちらです)

f:id:athletune:20170410142512j:plain

ギヤがトラブったんなら仕方ない。
残りはあと2周。幸いなことにポジションは2位をキープ。重いギヤでもコーナーの出口の速度がある程度あれば、最後の下りの直線で勝負できるかも…。
「大丈夫。ギヤのことは気にするな」「直線で抜かして前に出ろ!」と声をかける。

f:id:athletune:20170410143449j:plain

残り1.5周。この下りで前に出て、ある程度のスピードでコーナーをクリアできれば勝機はある!
踏む!踏む!

f:id:athletune:20170410222309j:plain
(PHOTO:Y.Takagi)

f:id:athletune:20170410143808j:plain

おっ!いい感じで登りの直線に入れた!
ここからは登りの区間。ここで差を広げられるか!?

f:id:athletune:20170410144034j:plain

よし。差を広げてるぞ!クリートにしておいて良かった!
ありがとう!NORTHWAVE!

そしてゴール!

f:id:athletune:20170410222416j:plain(PHOTO:Y.Takagi)

メカトラという想定外のアクシデントがあったものの、無事に目標達成できました。
大磯クリテリウムで「ゴール後のガッツポーズ禁止」が身についているので控えめなよろこび具合(笑)

f:id:athletune:20170410144641j:plain

表彰式を座って待つ。「なんかプロのレースみたい」だそうです。
プロには遠く果てしない道のりだしこれからはもっと厳しいレースになるけど、今日このレースで勝てたのは事実。今日だけはプロと同じ雰囲気を味わいたまえ。

f:id:athletune:20170410145141j:plain

一丁前に勝利者インタビューとか受けてます。
「メカトラがあったけど、勝てて良かったです」だそうです。
「レース前にアスリチューンを飲みました」と言えなかった。広報宣伝局員としては痛恨のミス。惜しい。自覚が足りないので95点!

f:id:athletune:20170410145417j:plain

今回は賞状の他に帽子(キャップ)とボトルを副賞として頂きました。受け取るや否や早々に袋から出して身に着け、撮影に臨みます。

「頂いた副賞は必ず見えるようにアピールする。」
これまでアスリチューンを提供してきたレースでも、私が表彰式で写真を撮る際に表彰対象者にお願いしてきたポーズですが、将醐局員の記憶の中にもしっかりと刻まれているようで、親が言わなくてもこのようなポーズでカメラに向かうようになりました。協賛社さんも喜んでるよ。きっと。

さて今後の将醐局員のレースは、4月16日の大磯クリテリウム⇒24日の赤城オフロード⇒30日のしもふさクリテ⇒5月3日のもてぎエンデューロと、毎週の連戦が続きます。
新年度、新しい環境の中で相変わらず自転車競技を楽しんでいますが、引き続き広報宣伝活動につながるように活躍してもらいたいと思います。

温かい応援、よろしくお願いします。
(高木監督、素敵な写真ありがとうございました)

隼の日常の活動風景はこちら ⇒ 隼FACEBOOK ページ
アスリチューンの全てがここに ⇒ ATHLETUNE オフィシャルサイト
スポーツゼリー・オイルのお申込みはこちら ⇒ 隼ネットショップ(楽天ID決済が使えるようになりました)
大好評!継続サポートプログラムの概要はこちら

隼ネットショップ 3月の人気ランキング!と継続利用サポートプログラムの状況

各地から「桜満開!」の便りが届いています。

新しい年度を迎え、新しい仲間や新しい環境の中で少し緊張気味の毎日を過ごされている方も多いと思います。
刺激的な毎日を、是非楽しんでくださいね。

f:id:athletune:20170407230417j:plain

さて、3月度の隼ネットショップ人気ランキングベスト5は以下のようになりました。

1位:赤10・青10・黒10(計30本)セット
2位:赤5・青5・黒20(計30本)セット
3位:赤10・青5・黒15(計30本)セット
4位:赤15・黒15(計30本)セット
5位:赤15・青15・黒20(計50本)セット

3月は30本・50本セットの購入が多かったです。春先という時期的に、ウルトラマラソンなどの長距離のランイベントが増える時期という影響があるのかもしれませんね。

先月に続き「仲間と共同購入です」というコメントもいただきました。確かにまとめ購入は単価が安くなるので、こういった使い方も「アリ」です。

さらに先月から始まった「継続利用サポートプログラム」を利用すると、今までよりもさらにお得に購入できるので上手く利用していただきたいですね。

継続利用サポートプログラムの状況

隼ネットショップのご利用後、2ヶ月以内に再度ご利用いただいた場合、お申し込み頂いた数量の10%のポケットエナジーを特典としてお付けします。これが「継続利用サポートプログラム」。

athletune.hatenablog.com

詳しくは上に貼った以前の記事を参照していただきたいと思いますが、毎日の発送ごとに少なくとも1・2件の該当の方がいらっしゃいます。
またもったいないことに、本来は対象になるのに「直近の隼ネットショップの利用日」の記載がなくて特典添付対象にならないケースもあります。リピーターの方は、注文の際に是非確認してくださいね。

f:id:athletune:20170407230613j:plain

今月は人気のウルトラマラソン「チャレンジ富士五湖」が開催されます。長丁場のレースは、精神的にも肉体的にも「軽減できるストレスは可能な限り軽減する」のが鉄則です。その中でも補給食は使い慣れたものを使用するのがおススメです。

各社から新製品の発売や新しいフレーバーの増品などのニュースが飛び交っていますが、実戦で使用する前に必ず試してください。使い慣れていない成分は体質によっては思わぬトラブルの引き金にもなりかねません。

先日開催された200㎞マラソンでは、「28時間で30本のポケットエナジーを試用した」というランナーがいらっしゃいました。曰く「水がない環境でも使用できることと、飲みやすい剤型でハンガーノック対策が上手くいった」とコメントを頂きました。

補給食は「体質に合う・合わない」が顕著に表れるアイテムです。自分に合うもの・自信をもって使えるものを携行することで、実戦での不安やストレスを最小限に留め、最高のパフォーマンスを発揮する準備を進めてくださいね!

隼の日常の活動風景はこちら ⇒ 隼FACEBOOK ページ
アスリチューンの全てがここに ⇒ ATHLETUNE オフィシャルサイト
スポーツゼリー・オイルのお申込みはこちら ⇒ 隼ネットショップ(楽天ID決済が使えるようになりました) 

 

株式会社隼