読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
欲しい時に、欲しい機能を追求して開発した新しいスポーツサプリメント
限られた時間で最高のパフォーマンスを出してほしい、スポーツを愛する全ての人へ ATHLETUNE(アスリチューン)は3種類のゼリー飲料。

【アスリチューン広報宣伝局員NEWS】局員将醐の宣伝活動報告(2017.4.16大磯クリテリウム最終戦)

先週のチャレンジロード、B-C1で優勝できて「自転車って超楽しい!」モード全開の将醐局員。

athletune.hatenablog.com

今回は大磯クリテリウムに参戦です。通い慣れた感がある大会ですが、この日は2016-17シーズンの最終戦。4月から2年生に進級した将醐局員ですが、主催者のご厚意で一つ上のカテゴリーで出走させていただくことになりました。
周回数はこれまでの2周から4周に増えますし、4年生の上級生とも同じ条件で競い合うことになります。さて結果はいかに⁉

f:id:athletune:20170417125707j:plain

「レースに出るから」って甘やかされることはないのです

将醐局員の出走時間は9時過ぎ。キッズの試走は8時からなので、レースに出るだけなら 受付・着替え・検車という流れを考えても 7時半に着けば十分。
なのに、アスリチューンブースの出店の「ついで」に走るという都合上、6時には会場に着いていなくてはならない将醐局員。この日は5時に自宅を出発するので4時半起床です。
しかも最近はブースの設営準備も手伝わされ、機材は運ばされるわ備品は持ってこさせられるわ…。局員である以上、甘やかされることはないのです。

f:id:athletune:20170417124229j:plain

この日の大磯は爽やかというより暑い位の晴天。最高気温は26℃にも上がる予報らしい(らしかった)にもかかわらず、「大磯クリテ=寒くて風が強い=長袖でOK」というジャージ選択ミス。暑さで体力を削られる中での出走となってしまいました。ごめんよ。

f:id:athletune:20170417125833j:plain
試走の時点で既に暑そう。ボトルに入れたスポーツドリンクをこまめに飲むように言いきかせる。

試走が終わり、いつもレースの会場で一緒になるお友達と召集場所で待機。今回から一つ上のカテゴリーで出走するというのに、見知った顔が多い分変な緊張は無さそうで安心する一方、あまりの余裕っぷりにちょっと心配になる。

f:id:athletune:20170417130845j:plain

さあ、いよいよ出走の時。

本人曰く「勝てそうな気がする!」と気持ちも十分の中、スタートラインに並びます。
小学3・4年生カテゴリーは、同じ4周で競う小学5・6年生との混走。前に5・6年生(今回はエントリー3名)、後ろに3・4年生(エントリー7名)が並びます。

f:id:athletune:20170417151743j:plain

f:id:athletune:20170417153018j:plain
いつもなら緊張で唇が紫になるのに今日は余裕の笑顔。その自信はどこから来るのか…。

f:id:athletune:20170417153142j:plain
そしてスタート。約半周はローリングなのが分かっているので落ち着いてクリートキャッチです。1月から導入したビンディングシューズもずいぶん慣れてきました。
しかし問題は慣れではなく、ビンディングシューズの機能をうまく利用できるか?なのです。

f:id:athletune:20170417153637j:plain
リアルスタート!前がクリアな良いポジション!
ここからコーナーまでは緩い登り。いつもはさらに向かい風が加速を邪魔しますが、今日は風は穏やかです。
さあ、余裕の走りを見せてくれ!

f:id:athletune:20170417154004j:plain
最初の周回、平塚側のコーナーは2位で通過。
今回の作戦は「先頭のお友だちにしっかりついていくこと」。勝てないまでも、「最後まであきらめずにしっかり粘れるように頑張れ」と声をかけています。

f:id:athletune:20170417154349j:plain
半周すぎてバックストレートに戻ってきたときには、1位の子とは大きな差が。2~5位が4名のパックになっています。
この状況から抜け出すことができるのか?

f:id:athletune:20170417154705j:plain
おおっと!平塚側のコーナー抜けたら2人で前に出てるぞ!
後続を引き離せるか?前の子を捕らえられるか?
そして、ここからの下りで先頭との差を縮めることができるのか?
ここで2周終了。あと2周!

f:id:athletune:20170417155228j:plain
3周目のバックストレート!
捕らえられたけど捕らえられてる!(?)
前に出ては追いつかれ、離されそうになれば意地で喰らいつき…。4名は再び一つのパックに。熱い展開が繰り広げられています!

f:id:athletune:20170417155832j:plain
良い感じで平塚側コーナーをクリア。実力伯仲!みんな頑張ってます!
ジャンが鳴ってあと1周!

f:id:athletune:20170417161731j:plain
1位の子とは大きく水を開けられたものの、2位集団は残り半周になってもしのぎを削る接戦!まだ勝負の行方は分かりません。
何とか表彰台は死守してほしい!頑張れ!

f:id:athletune:20170417162220j:plain
最終コーナー回ってゴールまでの直線!
歯を食いしばって 踏む!踏む!踏む!

そんなこんなで接戦が繰り広げられた小学3・4年生のレース。
結果は動画でご確認ください。

www.youtube.com

というわけで、ほろ苦いレースが終了しました。
と、いつもならコースアウトしてすぐに戻ってくるのですが、今回はなかなか戻ってきません。
どこにいるのかと思ったら…。

f:id:athletune:20170417162940j:plain
(一緒に走ったお友だちに隠れて泣いている人の図)

自分の中では(何故か)自信があったレースのようですが、やはり上のカテゴリーでは簡単に表彰台には上がらせてくれないようです。
まあ次回も頑張りたまえ。

f:id:athletune:20170417163230j:plain

今回明らかになったのは、やはりスタミナの違い。身長はあるものの線が細く、競り合う局面ではどうしても踏み負けしてしまう感が否めない。今回のように終始競り合いが続くようなレースは厳しいかな。

1位の子は別格として、初めての4周(約4㎞)のレースで2位の子とは約1.5秒、3位の子とは約1秒の差でゴールできたことは、あきらめずに走り続けられた結果なんじゃないかと思います。
泣いたり笑ったり忙しい一日でしたが、悔し涙を流せる間はきっと成長するでしょう。

レース後はお友だちと遊んだり一緒にラーメンを食べに行ったり、エリートカテゴリーのレースを観戦したりで楽しく過ごしました。
4時半に起床してからの長い一日、帰りの車中はレースの振り返りです。「俺、今日はあきらめずに頑張れた」「次のレースも頑張る」など前向きな発言もありつつ、会場を出発してほどなくの大渋滞で撃沈。

f:id:athletune:20170417172847j:plain
「かえりは『すき家』で納豆定食食べて帰りたい!」というので寄ったものの、注文し終わったらこのあり様。

f:id:athletune:20170417173236j:plain
結局、納豆定食は将醐局員に食べられることなく、私が2人分食べる羽目になりました。

かくして将醐局員の大磯クリテは終了

さて大磯クリテリウム、今シーズンは2戦から最終戦に出店(将醐局員は出走)させて頂きました。
このレースのおかげで将醐局員は以前にも増して自転車に熱が入り、無事「レースへの出場を許してもらうために平日の勉強も頑張る」というほどの自転車バカ 好きに育成されつつあります。

今後の出走予定は、4月23日の赤城オフロード⇒4月30日のしもふさクリテ⇒5月3日のもてぎエンデューロ
なかなか練習ランに連れていくことはできませんが、本人には楽しみなレース漬けのゴールデンウィークになりそうです。

引き続き応援よろしくお願いします。

f:id:athletune:20170417181018j:plain

隼の日常の活動風景はこちら ⇒ 隼FACEBOOK ページ
アスリチューンの全てがここに ⇒ ATHLETUNE オフィシャルサイト
スポーツゼリー・オイルのお申込みはこちら ⇒ 隼ネットショップ(楽天ID決済が使えるようになりました)
大好評!継続サポートプログラムの概要はこちら



 

 

 

 

「子どもにアスリチューンってどうなの?」の声にお答えします。

このところレースの度ごとに更新しているブログ「局員将醐の宣伝活動報告」。有難いことに、たくさんの方に見て頂けているようです。

このブログの中に必ず掲載しているのが、レース前にアスリチューン(ポケットエナジー)を飲んでいる写真。

f:id:athletune:20170202231456j:plain
この写真をご覧になった方の中には、「子どもにこういったものを使わせるのはどうなのか?」とお思いの方もいらっしゃるようです。

以前、「子どもにアスリチューンはアリか?」という記事を書きましたので、併せてお読みください。

hayato-kk.blogspot.jp

おそらく、この「どうなのか?」の意味は2つあると推測します。

1つ目は、「大人向けに作られている製品を子どもが使って(安全性的に)大丈夫なのか?」という意味。
2つ目は「子どものレベルでこのような製品が必要なのか?」という意味。

1つ目の「安全性」に関して言うと、自分自身が設計している製品でもあるので、むしろ市販のゼリー飲料よりも安心して使わせています。

このような形状の食品は「多少身体に害があったとしてもパフォーマンスを高めるために薬剤的な成分が含まれている」と思われがちですが、少なくともアスリチューンに関してはそんなことはありません。

むしろ消化器官にも負荷がかかる長時間に及ぶレースの中で使用される製品であることから、出来るだけ身体にストレスがかからないような製品創りを目指しました。衰弱して食が細くなった高齢者の方が「これなら食べられる」と言ってくださることもあります。
(注:推奨しているわけではありません。医師と相談の上、ご判断ください)

2つ目の「必要性」に関しては、必ずしも必要ではないかもしれません。というのも、息子が参戦するレースは距離は長くても4~5㎞、時間で言うと10分程度で終了します。レースの2時間程度前に普通に食事を摂れれば、レース前のポケットエナジーは必要ないでしょう。

但し、息子はブース出店の「ついで」に参戦しているということもあり、たとえレースのスタート時間が何時からでも朝一で会場入りする必要があります。
時間をコントロールして食事を摂らせることがなかなか難しく、また一丁前にレース当日は朝から緊張するので普通の食べ物を摂りたくないということもあり、レース前にポケットエナジーを使わせています。

あともう一つ。本人は「レース前の儀式」的に捉えている面もあるようです。サポートしているプロの選手が使っているのを見て「自分も真似をすることによって気持ちを高めている」ということでしょう。飲みたがるので使わせています。

f:id:athletune:20160929230004j:plain

安全性に問題があるわけでもなく、環境的にレース前にエネルギーを補給するのにも便利だし、本人のモチベーションが上がるのであれば、上手く活用しようという考え方です。

今の年齢の息子にアスリチューンを使わせているのは、アスリチューンという製品に対する安心感によるところが大きいのと、「私が創った製品である」ということを理解している息子自身が飲みたがるからです。そういう意味で、「小学2年生の自転車競技にはマストではない」ものの、「うちの息子には必要な製品」だと考えています。最終的には保護者の方にご判断いただければよいかと思います。

まあ難しいことは置いておいて、うちの場合はポケットエナジーを飲んでレースを楽しんでくれればそれでいいかな。
本人がレースに出たがる以上、また自分の意志でアスリチューンを使いたいと言う間は、このスタイルを続けていこうと思います。

隼の日常の活動風景はこちら ⇒ 隼FACEBOOK ページ
アスリチューンの全てがここに ⇒ ATHLETUNE オフィシャルサイト
スポーツゼリー・オイルのお申込みはこちら ⇒ 隼ネットショップ(楽天ID決済が使えるようになりました)
大好評!継続サポートプログラムの概要はこちら

株式会社隼