読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
欲しい時に、欲しい機能を追求して開発した新しいスポーツサプリメント
限られた時間で最高のパフォーマンスを出してほしい、スポーツを愛する全ての人へ ATHLETUNE(アスリチューン)は3種類のゼリー飲料。

【予防のために出来ること】感染症にかからないために

この時期、風邪やインフルエンザに感染して大事なレースを諦めざるを得ないこともありますね。

インフルエンザもいまだに全国的に警報レベルの流行がみられます。予防のために出来る努力をしていきましょう。

 

病気をもたらすウィルスや菌などは身の回りに蔓延しています。

この時期、病気の症状を訴える人もいる中で「家族全員インフルエンザにかかっていても、なぜか自分だけは難を逃れている」という方も珍しくありません。

 

病気にかかる人とかからない人の違い。これは「免疫力」の差です。

免疫力とは読んで字の如く「病気(=疫)を免れる力」のこと。誰しもこの「病気から身を守る機能」を持っていますが、その強さは個人差があり、また生活習慣によって変動します。

免疫力が正常に働く条件としては

①栄養のバランスの良い食生活

②規則正しい生活リズムと十分な休養(睡眠時間)

③適度な湿度・低すぎない体温

④手洗い・うがい

などが重要と言われています。

上に挙げた要因の中で「特にこれが!」というものがあるわけではありませんが、乾燥しやすいこの時期、特に気を付けたいのが「睡眠時の湿度」です。

 

先日の出張時にビジネスホテルを利用しましたが、暖房のためのエアコンを一晩中使用していた結果、朝には乾燥した空気に完全に喉をヤラレてしまいました。

ウィルスの入り口である喉の機能が落ちるということは、風邪やインフルエンザに感染するリスクが高まることを意味しています。

「こんな時に寒い環境にいたら体調を崩すにきまってる」

寒い屋外の仕事で対応が下がらないように、イベント出店用のウェアの背中に使い捨てカイロを3個貼り、レースに出るわけでもないのに朝・昼・午後にエナゲインを飲みました(生姜エキスとシトルリンが入っているので身体が温まります)。

f:id:athletune:20170213220245j:plain

おかげで声が出にくいこと以外は、風邪などの症状が表れることはありませんでした。

 

また「ビタミンC」には弱った粘膜を修復する働きがあると言われており、私はここ数年「喉がおかしいな」と感じたらすぐにビタミンCを摂るように心がけています。
「ヤバそうだな」と感じた時のエナゲインとビタミンCのおかげで、拗らせることはまずありません(あくまで私個人の感想です)。


最近はスポーツイベントも競争率が高く、スタートラインに並ぶ前に「クリック競争」に勝ち抜かなければなりません。

クリック競争をクリアして手にした出走の権利。「少しくらいの体調不良なら気合と根性で」という方もいらっしゃるかもしれませんが、万全ではない体調でレースに臨むのは危険ですし、自分勝手な判断で感染者を爆発的に増やしてしまう可能性もありますので、そういう場合は出走は見送るべきでしょう。

 

狙ったレースに予定通り挑戦できるよう、病気を免れる力をしっかり高めておく=自己管理も、アスリートの大事な能力の一つです。

日々の過ごし方一つひとつの意味を考えて過ごすことも、積み重ねた努力を実らせるための大事な要因ですね。

 

隼の日常の活動風景はこちら ⇒ 隼FACEBOOK ページ
アスリチューンの全てがここに ⇒ ATHLETUNE オフィシャルサイト
スポーツゼリー・オイルのお申込みはこちら ⇒ 隼ネットショップ(楽天ID決済が使えるようになりました)

 

広告を非表示にする
株式会社隼